ロードサービスで選ぶなら?おすすめクレジットカード

もし、愛車が事故を起こしたり故障したりしたらどうしますか?

近所ならば近くの修理工場やカー用品店の場所も分かりますが、知らない土地で事故や故障を起こした際に、近くにある工場やカー用品店の場所はなかなか分かりません。事故や故障の程度がひどく自力走行ができなければ、余計に事態は深刻です。

そんなときに役立つのが、ロードサービスです。ロードサービスを利用すれば、事故や故障に対して応急処置をしてくれます。

ロードサービス、ロードサービス会社に直接依頼をすることもできますが、自動車保険に付帯している場合が多く、さらにはロードサービスが付帯しているクレジットカードもあります

今回は、そのうちロードサービスが付帯しているクレジットカードを紹介します。カードによって対象者や対象車両、負担の上限金額などが異なりますので、記事を読んで最適なクレジットカード選びの参考にしてください。


ロードサービスVISAカード

VJロードサービスが魅力のクレジットカードです。

ロードサービスVISAカード
  • 充実した内容の「VJロードサービス」
  • お得なETC一体型カード

充実した内容の「VJロードサービス」

「ロードサービスVISAカード」の会員は、「VJロードサービス」を利用できます。VJロードサービスとは、日本ロードサービス株式会社(JRS)と提携することにより提供可能となったサービスです。

VJロードサービスの概要

利用方法

カード裏面に記載のフリーダイヤル(24時間年中無休)に連絡


対象者

カードに名前が記載されている会員(利用の際にはカード提示が必要)


対象車両

会員が運転又は同乗している車両(下記の条件も含む)

【自家用四輪車(白・黄色ナンバー)】

ナンバー 対象の可否
1ナンバー ×
2ナンバー ×
3ナンバー 3トン未満は○
4ナンバー 3トン未満は○
5・7ナンバー
8ナンバー ×

【自家用二輪車】
自家用二輪車はロードサービスの対象となります。

【商用車両】
二輪車四輪車共に商業(事業)用車両は利用できません(緑・黒ナンバー)


対象外となる場合

下記の場合は利用できません

  • 盗難被害に遭って発見された車両
  • 違法改造など法律違反の車両
  • 自動車業の会員による業務上の車両

拠点数

ロードサービスの拠点は約9600ヵ所あります。

緊急サポートサービス

以下のような緊急サポートサービスを受けられます。

サービス名 内容 備考
バッテリージャンピング バッテリー上がりの際、ケーブルを接続してエンジンをスタート バッテリー充電は対象外、交換は別料金
レッカー移動 最寄りの修理工場などへ車を搬送 15kmまで無料、車両保管は2日間まで無料
キー開錠 車内へのキーのとじ込みの際、開錠 特殊シリンダーの開錠、キー製作は別料金
パンク(タイヤ交換) 車両積載のスペアタイヤへの交換 1本のみ無料、タイヤチェーン脱着は対象外
ガス欠 現場で給油 燃料、オイル類は別料金
応急処置 事故車や故障車で現場対応可能な応急処置 30分以内
メッセージサービス 家族や勤務先への緊急連絡、説明、GSや公共交通機関、タクシーの案内

帰宅・宿泊サポートサービス

上記の緊急サポートサービスを実施して、車が自走不能となった場合には、以下の「帰宅・宿泊サポートサービス」を受けることができます。

サービス名 内容 備考
レンタカーサービス 希望によりレンタカーを手配、24時間まで無料で利用可能 1,800ccクラス以下、レンタカー代以外の費用は自己負担
帰宅費用サポート 代替交通手段を利用して帰宅する場合、1人21,000円を限度に負担 自宅と現場との距離が100km以上、現場では支払い不可
緊急宿泊費用サポート 事故や故障で宿泊を要する場合、1人当たり15,000円を限度に負担 自宅と現場との距離が100km以上、当日帰宅不可のみ
送迎サービス 最寄りの交通機関又は緊急宿泊サポートの宿泊施設までの送迎
車両搬送費用サポート 修理完了後の車両搬送費用を5万円限度に負担 自宅と現場との距離が100km以上、レッカー移動サービス利用に限る

ちなみに、帰宅・宿泊サポートサービスは、「送迎サービス」を除いて重複利用はできません。


お得なETC一体型カード

ロードサービスVISAカードは、クレジットカードとETCカードが一体となったカードです。 クレジットカード年会費、ETCカード年会費は以下のようになっています。

【本会員】
初年度 2年目以降
カード年会費
無料
2,160円
ETC年会費
無料
540円
【家族会員】
初年度 2年目以降
カード年会費
無料
1,620円
ETC年会費
無料
540円

ただし、ETC年会費に関しては、本会員・家族会員とも前年度に1回以上のETC利用があれば、翌年度は無料になります。

一見高いと思えるカード年会費ですが、VJロードサービスはかなりのハイスペックサービスです。 JAFのロードサービス(入会金2,000円、年会費4,000円)と比べても優れています。

同じ三井住友グループが発行している「三井住友VISAクラシックカード」は、「ロードサービスVISAカード」とほぼ同じスペックですが、年会費は税別1250円となっており、一見ロードサービスVISAカードの方が損に思えます。

しかし、三井住友VISAクラシックカードにロードサービスを付帯させるためには、別途年会費2,025円が必要となり、それだけでロードサービスVISAカードの年会費に迫る勢いです。車をよく利用する方なら、ロードサービスVISAカードの方がお得です。


申込条件

高校生を除く満18歳以上で安定した収入のある方

ロードサービスVISAカード




CLUB AJカード

ライダー、ドライバー必携のクレジットカード

CLUB_AJカード
  • 無料レッカーが50kmまでOK
  • ETCカードの年会費が無料

無料レッカーが50kmまでなど、充実のロードサービス

CLUB AJカードは、「全国オートバイ協同組合連合会」(略称:AJ)と提携して株式会社ジャックスが発行しているクレジットカードです。

全国オートバイ協同組合連合会は、内閣総理大臣の認可を受けたオートバイ販売店組合の協同組合連合会です。

CLUB AJカードにはロードサービスがついています。

全国オートバイ協同組合連合会と提携しているため、オートバイ限定のロードサービスかと思いきや、四輪も対象となっています。

さらに、会員運転の会員所有の車両だけではなく、有人所有の車両を会員が運転、友人運転の車に会員が同乗、レンタカーでも対象となります。


ロードサービスの利用方法

【1】フリーダイヤルでサービスデスクに電話(24時間365日対応)

【2】電話の際以下の項目を連絡する

  • カード番号、会員氏名
  • トラブル、アクシデント現場の位置
  • 状況、車両名、依頼内容など

【3】カードを提示してサービスを受ける


レッカーかけつけサービス

CLUB AJカード最大のロードサービスの特徴が、レッカーかけつけサービスです。自力走行ができなくなっても、現場から50kmまで無料でけん引してくれます。

ロードサービスがついている他のクレジットカードは、せいぜい10km程度なので、遠出をしても安心です 楽輪は落差1m以内について、引き揚げ作業を行ないます。

なお、以下の場合はサービス適用対象外となります。

  • 自宅駐車場などでの事故や故障に関しては、二輪車のみ対象
  • 通常の車両走行が困難、作業が困難な場所
  • 無料サービス超過分、有料道路道路料金
  • 全車輪落輪及び横転
  • 故意や災害、無免許や酒酔い運転などによる事故・故障

故障時緊急修理サービス

愛車にトラブルが発生した場合、現場対応可能な30分程度の以下の作業を実施します。

サービス内容 備考
バッテリー上がり時の点検、ジャンピング バッテリー充電は対象外
パンク時のスペアタイヤ交換、タイヤ周り点検 パンク修理、タイヤチェーン脱着は対象外
鍵開け 特殊キーは対象外(※)
ガス欠時のガソリン補充 ガソリン代は別料金
ボルト締付、冷却水補充、オイル漏れ点検・補充、バルブ・ヒューズ取替など オイル代や部品代は別料金

※一部地域では対応業者がいない、または身分証明できない等の場合は作業しない可能性も有


アフターフォローサービス

自宅と現場との直線距離が100km以上で、自力走行不能の場合、以下のサービスより1つを提供します。

サービス名 サービス内容 備考
帰宅費用サービス 自宅までの代替交通費用を負担 乗車定員を限度に1人最高2万円
タクシー相乗りの際は1台2万円
会員が立て替え、後日請求
搬送費用サービス 修理した車の自宅搬送費用を負担 1台5万円が上限
引取の場合は片道5,000円が上限
宿泊費用サービス やむを得ず宿泊する費用を負担 乗員定員を限度に1人最高15,000円
当日1泊分、食事代などは自己負担
会員が立て替え、後日請求

ETCカードの年会費が無料

CLUB AJカードは初年度年会費無料で、2年目以降は年会費が税別2,000円かかります。年間10万円以上利用すれば、翌年度の年会費は無料です。また、ETC専用カードが年会費無料で付帯します。

  • 初年度年会費:無料
  • 2年目以降の年会費:税別2,000円
    ↑年間10万円の利用で無料へ

クレジットカード発行後、ジャックスの会員サイト「インターコムクラブ」にログインして、「各種カードの申込」から「ETCカード」をクリックして申し込めます。

CLUB AJカードを持っていない方は、CLUB AJカード申込時に、追加カードとしてETCカードの申し込みが可能です。ただし、CLUB AJカードには家族カードがありません。


申込条件

高校生を除く18歳以上で、電話連絡が可能な方

CLUB_AJカード




JTB旅カード JMB

旅先でも自宅でも手厚いクレジットカードなら「JTB旅カード JMB」です。

JTB旅カードJMB
  • 充実のロードアシスタンス
  • カーライフに役立つ「JTBトラベルポイント」加盟店
  • 「ホームアシスタンス」も付帯する!

充実のロードアシスタンス

「JTB旅カード JMB」には、以下のような充実のロードアシスタンスが付帯します。

【ロードアシスタンス】
サービス名 条件など
レッカーサービス 30kmまで
脱輪・落輪引き上げは1mまで
高速道路の場合は30km超過分について高速代がかかる
30分以上の作業、クレーンを使った作業は落差1mでも対象外
鍵開け 会員本人の確認ができない、車両所有者と本人が別人の場合、スペアキーによる開錠が適切の場合などは不可
セキュリティ装置付き車両、鍵紛失による作成費用は対象外
バッテリー上がり バッテリー交換は対象外
スペアタイヤ交換 スペアタイヤ1本までの交換工賃が無料
スペアタイヤ以外のタイヤ交換、タイヤ手配、ホイールロックキーの作成、チェーン着脱は対象外
ガス欠 10L程度で燃料代は別料金
その他 オイル漏れ点検、ボルト締め付け、パーキングブレーキ固着解除など、30分程度で対応可能な作業を行なう
部品代は別料金


【アフターフォローサービス】
サービス名 条件など
帰宅費用サポート 帰宅不能となった場合、公共交通機関の費用を後日返金
最適な公共交通機関(電車、飛行機、バス、タクシー)はオペレーターと相談
交通機関はエコノミークラス相当
宿泊費用サポート、レンタカーサービスとの併用不可
緊急宿泊費用サポート 宿泊費用を後日返金
1泊分の最寄ビジネスホテルクラスが対象
トラブル発生前に予約していた宿泊費用は対象外
宿泊費以外の食事代や通信費などは対象外
車両回送サービス 会員が立替後、修理後の車両を自宅へ回送して返金
納車日時の指定は不可
本人引取の場合、片道1名分の交通費を返金
レンタカーサービス 現場→目的地、現場→自宅のいずれかが対象
それ以外の軽油は対象外

ロードアシスタンスの対象
  • 対象者:カード会員の運転する車
  • 対象車種:第一種普通免許で運転可能な車両(50cc以上の2輪車は対象外)
  • 対象地域:原則として日本全国
  • 提供方法:オペレーターによる手配、オペレーターが会員地震による手配を依頼する

カーライフに役立つ「JTBトラベルポイント」加盟店

JTB旅カード JMBには「JTBトラベルポイント」と言う制度があります。これは一般のお店でカードを利用すると貯まるショッピングポイントとは別です。JTBトラベルポイントが貯まるカーライフ関係の主な加盟店は、以下の通りです。

  • サンパーキング 羽田浮島店・成田店(100円=5ポイント)
  • 成田ファインパーキング(100円=5ポイント)
  • ステラパーク(100円=5ポイント)
  • マイカーお預かり VIPカーデリバリー 関西空港(100円=5ポイント)
  • カーセブン(査定で300ポイント、売却で最高7,000ポイント)

「ホームアシスタンス」も付帯!

JTB旅カード JMBに付帯するサービスは、ロードアシスタンスだけではありません。何と、ホームアシスタンスまで付帯するのです。カード会員の自宅であれば、日本全国が対象となりますが、事後請求はできませんので、まずはオペレーターに相談しましょう。

以下のようなサービスが付帯します。

  • 水回りの緊急対応
  • 鍵のトラブル緊急対応
  • ガラスのトラブル
  • 医療健康相談サービス
  • 食生活相談サービス
  • 法律相談サービス
  • 年金・税金相談サービス

申込条件

  • 18歳以上で本人または配偶者に安定継続収入がある方
  • 高校生以外の18歳以上の学生
JTB旅カードJMB




P-oneカードFLEXY

「P-oneカードFLEXY」は選べる2種類のカーライフサポートがあるクレジットカードです。

P-oneカードFLEXY
  • 700円で加入できる「カーライフホッとライン」
  • 1,800円で加入できる「ポケット・サポート・サービス」
  • レンタカー割引もある

700円で加入できる「カーライフホッとライン」

P-oneカードFLEXYには、2種類のカーライフサポートプログラムがあります。まず紹介するのは、「カーライフホッとライン」です。カード会員本人だけでなく、家族のカートラブルにも対応してくれます。


カーライフホッとラインの概要
  • 年会費:税別700円
  • 対象者:会員本人及び同居する親族
  • 対象エリア:一部離島を除く日本全国
  • 対象車両:車検証に所有者、または使用者欄に記載された個人名義の車両
    (自家用乗用車、2t以下の自家用貨物車、自家用ベースのキャンピングカー、自家用自動二輪、原付)

カーライフホッとラインの利用方法

手順1.

携帯用サービスカード(サービス申し込み後3~4週間程度で届く)に記載のフリーダイヤルに電話


手順2.

24時間対応してくれるオペレーターに希望のサービスを伝える


故障時緊急修理サービス

カーライフホッとラインでは、30分程度の以下の軽作業について無料で作業を実施します。

サービス内容 条件
スペアタイヤへの交換 季節タイヤ交換、パンク修理、チェーン着脱は対象外
バッテリー上がりの再始動 バッテリー充電、バッテリー交換は対象外
閉じ込めの開錠 セキュリティ装置付き車両、身分証明ができない、所有者と依頼人が別人の場合は対象外
鍵製作代は別料金
ガス欠時の給油 ガソリン代は別料金

上記のトラブル以外にも、冷却水の補充やボルトの締め付け、サイドブレーキの固着、各種オイル漏れ点検・補充、各種バルブ・ヒューズ交換なども行なっています。

自宅駐車場、及びそれと同等の場所でのトラブルにも対応してくれます。ただし、各種部品代は別料金で、以下のような場合も別料金となります。

  • 30分以上の作業時間を要した際の超過料金
  • ローダウン車やエアロパーツ車のタイヤ交換作業
  • 現場到着、レッカー牽引に要した有料道路料金、カーフェリー乗船料金
  • 有料駐車料金

ロードアシスタンスサービス

自走不能となった場合、レッカーが20kmまで無料でけん引、さらに落輪、脱輪した車を引き上げます。ただし、以下の場合は無料のロードアシスタンスサービスの対象とはなりません。

  • 自宅駐車場及び同等と判断できる場所でのトラブル
  • 一輪も道路に残っていない状態での落輪
  • 道路との段差が1m以上の落輪
  • 20kmを超えた分のレッカー牽引料金
  • ローダウン車やエアロパーツ車
  • 雪道など悪路でスリップして脱出できない場合
  • 鍵紛失によるレッカー移動
  • 有料道路代、有料駐車場代、各種部品代

事故・故障発生時のサポートサービス

自宅から直線距離で100km以上離れた場所で事故や故障となった場合、以下のようなサービスを受けられます。 一度利用者がお金を立て替え、領収書を返送してその分のお金を後ほど受け取れます。

サービス名 サービス内容
帰宅費用 帰宅のための代替交通費を1人2万円まで負担
宿泊費用 1泊分の宿泊費用を1人15,000円まで負担
修理車両搬送 自宅までの修理車両搬送を5万円まで負担

ただし、以下のような条件があります。


帰宅費用サービス
  • バス、タクシー、鉄道、飛行機、船の普通席相当(レンタカーはトラブル車両と同等)
  • 車検証記載の乗員定員が限度
  • トラブルの当日または翌日の利用
  • タクシーの相乗りは1台2万円

宿泊費用サービス
  • 車検証記載の乗員定員を限度とする
  • 宿泊費以外の食事代やマッサージ代、入湯税などは除く
  • あらかじめ予約しておいた宿泊施設への宿泊は対象外

修理車両搬送サービス
  • 指定業者によって行う
  • 会員が引き取りに来る場合は、片道1名分の交通費を5万円を限度に支払う(普通席相当)

1,800円で加入できる「ポケット・サポート・サービス」

P-oneカードFLEXYには、税別700円で加入できる「カーライフホッとライン」以外に、「ポケット・サポート・サービス」もあります。


ポケット・サポート・サービスの概要
  • 年会費:税別1,800円
  • 対象者:会員本人もしくは会員と同居する親族
  • 対象エリア:一部離島を除く日本全国

カーライフサポートサービス

ポケット・サポート・サービスにも、「カーライフサポートサービス」があります。カーライフサポートサービスの対象車両は、「カーライフホッとライン」と同様です。

その他、故障時緊急修理サービス、ロードアシスタンスサービス、事故・故障発生時のサポートサービスも「カーライフホッとライン」と基本的には変わりません。ただし、レッカーの無料牽引距離(ポケット・サポート・サービスは30km)が異なります。


その他のサービス

カーライフサポートサービスだけでは、1,100円高い年会費を支払う意味がありません。ポケット・サポート・サービスには、それ以外にも以下のようなサービスがついています。


1. ハウスサポートサービス

自宅のトラブル(水回りの応急処置、玄関の鍵開け)の解決や、引っ越し業者・ホームセキュリティ・スペアキー作成業者・ハウスクリーニング紹介


2. ライフサポートサービス
  • 夜間・休日医療機関案内
  • 人間ドック・介護関連業者紹介
  • 病院情報案内
  • 健康・医療・介護電話相談

レンタカー割引もある

P-oneカードFLEXYがあれば、以下のレンタカー会社で基本料金から5%オフの優待料金で利用できます。

  • トヨタレンタリース
  • ニッポンレンタカー
  • 日産レンタカー
  • オリックスレンタカー
  • タイムズカーレンタル

また、P-oneカードFLEXYではETCカードも以下の条件で発行可能です。

  • 年会費:税別1,000円
  • 更新料:税別1,000円
  • 家族カードのETCカード発行:不可
  • 発行日数:申し込みから2~3週間後
P-oneカードFLEXY




ENEOSカード

ロードサービスもガソリンもお得なおすすめなクレジットカードはENEOSカードです。

ENEOSカード
  • 24時間365日対応のロードサービス
  • ガソリン値引きがうれしい
  • ETCカードもついてくる

24時間365日対応のロードサービス

ENEOSカード各種には、24時間365日対応のロードサービスがついています。


ロードサービスの概要
  • 対象者:運転者がENEOSカード本人
  • 対象車両:車検証記載帖の3t以下の自家用四輪車
  • 対象エリア:一部離島を除く日本全国

無料ロードサービス

ENEOSカード会員に提供されるロードサービスには、以下のようなものがあります。


レッカーサービス

レッカー車による移動が10kmまで無料


30分以内の路上修理
  • キー閉じ込み開錠
  • バッテリー上がりのジャンピング
  • タイヤパンク時の交換作業
  • 落輪時の引き上げ作業
  • ガス欠時給油作業
  • その他30分以内の作業

別料金の場合

ただし、主に以下のような場合には作業対象外、あるいは別料金となります。

  • レッカー移動距離が10kmを超えると、1km当たり昼500円、夜600円
  • セキュリティ装置等により開錠困難な車両の開錠費用
  • キー紛失時の開錠作業
  • タイヤ交換の際、スペアタイヤを持っていないときのタイヤ代金
  • 作業者の現場往復に要した有料道路料金、カーフェリー乗船料金
  • ガス欠時のガソリン代
  • 部品交換時の部品代
  • バッテリーの充電費用
  • タイヤ2本以上落輪時の引き上げ費用
  • クレーン車など特殊車輌費用
  • 建物に車両が衝突した際の引き出し費用
  • 出動をキャンセルした際の出動費用
  • 年間3回目以降の出動費用

【対象外の場合】
  • 天災地変による故障や事故
  • 暴動やテロなどによる故障や事故
  • 法令禁止状態での故障や事故
  • 改造車両やカスタムパーツで、サービスの際に追加で故障する可能性がある車両
  • 道路以外の通行困難な場所
  • 車両横転時
  • 運転者の故意による事故や故障
  • 対象者以外が運転中の事故や故障
  • 通常のサービスが困難な特殊工作装置を装備した車両
  • 短期間に同一、もしくは類似の出動要請が複数回あるとき

その他の案内サービス

無料ロードサービス以外にも、ENEOSカード会員はレンタカー・代替交通手段・宿泊先・24時間SSの案内を受けられます。


ENEOSカードのロードサービスのメリット

離島でも使える

ENEOSカードのロードサービスは、離島でも拠点が数多くあります。

大島や八丈島、佐渡島に淡路島、隠岐の島に因島、小豆島に対馬、壱岐島に天草上島、奄美大島に屋久島、喜界島に宮古島、西表島など、他のロードサービスではサービス対象外となりそうなエリアでも対象となります。

離島では特にレンタカーを利用する機会が多いので、これはありがたいですね。また、他のロードサービスでは対象外とされるケースでも、ENEOSカードのロードサービスでは追加料金が発生するものの作業してくれます。


利用例

例えば、「スペアタイヤを持っていないとき」はタイヤ代金が必要となるものの、タイヤ交換をしてくれます。最近では、スペアタイヤがない車両も多いので、ありがたいですね。

「セキュリティ装置付き車両の開錠」も、他のロードサービスでは対象外な場合も多いですが、ENEOSカードのロードサービスでは追加料金が必要なものの開錠可能です。

セキュリティ装置付き車両も最近は増えていますので、うれしいサービスです。

ただし、年間2回まで、カード会員本人が運転など、他のロードサービスより若干厳しい条件もあります


ガソリン値引きがうれしい

各種ENEOSカードを持って、ENEOSのガソリンスタンドで給油をすると、原則として会員価格が適用されて、1円~4円/L程度の値引きを受けられます。さらに、ENEOSカードの種類によって、以下のような追加値引きを受けられます。

  • ENEOSカードC・ENEOSカードNICOS
    → 7円/L引き(月7万円以上利用の場合)
  • ENEOSカードS
    → 2円/L引き

ETCカードもついてくる

ENEOSカードには、ETCカードも以下のような条件で付いてきます。

  • 年会費:無料
  • 家族会員のETCカード申し込み:可能
  • ETC一体型カード発行:可能(ENEOSカードC・P・S、ETC専用カードも選択できる)

基本情報

  • 申込条件:20歳以上で本人に継続安定した収入がある方
  • 年会費:税別1,250円(初年度無料、Sのみ1回以上の利用で翌年度も無料)
  • 国際ブランド:VISA、JCB
ENEOSカード




STEERING PASS<JCB>ステアリングパス

「STEERING PASS<JCB>」はロードサービスの適応が幅広いのでおすすめのクレジットカードです。ただし、ロードサービスが付帯するのはJCBだけなので注意しましょう。

STEERING_PASS<JCB>
  • 無料ロードサービスの適用が幅広い
  • カーライフサービスの利用でポイント2倍
  • ETCカードももちろんポイント2倍

無料ロードサービスの適用が幅広い


ロードサービスの概要

セディナが発行する「STEERING PASS<JCB>」には、安心のロードサービスが自動付帯してきます。STEERING PASS<JCB>のロードサービスは、日本ロードサービス株式会社が提供するものです。

日本ロードサービス株式会社は、全国に8,400ヵ所の拠点、レッカー車1,350台、キャリアカー1,300台、サービス車両4,100台を持ち、高速道路や自動車専用道路にも24時間365日出動します。 ほとんどの車両に対応可能です。

  • 対象者:カード会員が運転又は同乗する車両
  • 対象車両:四輪車(※)、二輪車

※全長5.3m未満、全幅2m未満、重量3t未満、黒ナンバー、緑ナンバーは対象外


ロードサービス・アフターフォローサービスの内容
サービス名 サービス内容
レッカーサービス 自力走行不能の車両を15kmまで最寄修理工場などに無料牽引
鍵開け キーの閉じ込めの開錠
スペアタイヤ交換 パンクしたタイヤをスペアタイヤに交換
ガス欠 現場で給油作業を行なう
バッテリー上がり ケーブルを接続してエンジンを再始動
クイックサービス 30分以内の現場対応可能な軽作業を行なう
レンタカーサービス 代替車両の無料提供
宿泊費用サポート 自宅から現場まで100km以上離れた場合、15,000円まで負担
送迎サービス 最寄の公共交通機関もしくは緊急宿泊施設までの交通費を負担
帰宅費用サポート 自宅から現場まで100km以上離れた場合、2万円まで負担

ただし、以下の場合は対象外または別料金となります。

  • セキュリティ装置付き車両は現場での作業ができない場合がある
  • 通常の自動車走行に不適切な場所
  • 違法改造車・ローダウン車・リフトアップ車など
  • 2輪以上の落輪は別料金
  • 15km以上のけん引、部品代、燃料代は別料金
  • けん引された車両の保管は2日間まで
  • タイヤチェーンの脱着は対象外
  • バッテリーの充電・交換は対象外
  • 特殊シリンダーの開錠やキー製作は別料金
  • レンタカーサポートは1,800cc以下の同等クラス
  • 宿泊費用サポートは当日1泊分
  • 会員が車を引き取りに来る場合は、片道1人分の交通費を5万円まで負担

STEERING PASS<JCB>のロードサービスのメリット

STEERING PASS<JCB>のロードサービスは、会員が必ずしも運転している必要はありません。同乗しているだけで対象となり、レンタカーでも構わないなど、対象車両も比較的幅広いです。

そして、高速道路で事故や故障になった時も、作業車が有料道路を走行した料金の負担がありません。他のロードサービスでは、高速道路料金が別料金となるものが多い中、ありがたいですね。


カーライフサービスの利用でポイント2倍

「STEERING PASS」を利用すると、月間利用額1000円ごとに1ポイントがプレゼントされます。ドライバーにうれしいのが「走割」と言うポイントアッププログラムです。

全国のガソリンスタンドや高速道路、ETC通行料金、オートアールズ(カー用品店)、自動車保険(チューリッヒ、ソニー損保)と言ったカーライフ関連のサービスの支払いに、STEERING PASSを利用すると、基本ポイントがいつでも通常の2倍となります。


ETCカードももちろんポイント2倍

STEERING PASS<JCB>には、高速道路に便利なETCカードも以下の条件で付いてきます。

  • 年会費:無料
  • 発行手数料:無料
  • 家族会員のETCカード発行:可能(年会費・発行手数料無料)

もちろん、ETCカードで通行料金を支払っても「走割」の対象です。


STEERING PASS<JCB>の基本情報

  • 年会費:税別953円(初年度年会費無料、家族会員も同様)
  • 申込条件:日本国内に住んでいる18歳以上の方(高校生を除く)
  • 国際ブランド:JCB
STEERING_PASS<JCB>




ROUTE2000

ロードサービス付帯でおすすめですが、ガソリン値引きも魅力の「ROUTE2000」。

ROUTE2000
  • CFスーパーロードサービス
  • ガソリン値引きが魅力の「お油割りくんサービス」
  • ETCカードもあります

CFスーパーロードサービス

セディナが発行する「ROUTE2000」のカード会員は、日本ロードサービス株式会社との提携によって、以下のようなロードサービスを無料で受けることができます。

【ロードサービス】
サービス名 サービス内容
レッカーサービス 最寄の提携修理工場、ディーラーまで15km牽引
スペアタイヤ交換 パンクの際、スペアタイヤとの交換
バッテリー上がり ジャンピングによりエンジンを再スタート
鍵開け キーのとじ込みの開錠
ガス欠 現場で給油作業
クイックサービス
(30分以内)
各種オイル漏れ点検や補充、冷却水の補充、サイドブレーキの固着、ボルトの締め付け、各種ヒューズやバルブ交換など

また、以下のようなアフターフォローサービスも実施しています。

【アフターフォローサービス】
サービス名 サービス内容
レンタカーサービス 代替車両として指定レンタカーの手配
送迎サービス 最寄公共交通機関又は宿泊サポートの施設までの送迎など
帰宅費用サービス 自宅から100km以上離れている際、2万円まで交通費を負担
緊急宿泊費用サポート 自宅から100km以上離れている際、15,000円まで負担

ただし、以下のような場合は対象外、あるいは別途料金が発生します。


【対象外のケース】
  • 全長5.3m以上、全幅2m以上、重量3t以上の車
  • 緑ナンバー、黒ナンバー
  • タイヤチェーンの脱着
  • バッテリーの充電・交換
  • アフターフォローサービスの重複利用(送迎サービスを除く)

【別途料金が発生するケース】
  • ガソリン代、オイル代、部品代
  • 定められている以外のロードサービス
  • 15kmを超える牽引(昼間は税別500円/km、夜間は税別600円/km)
  • クレーン車などが必要な落輪
  • 特殊シリンダーの開錠及び鍵の製作

ロードサービスやアフターフォローサービスを受けるためには、以下の手順となっております。

  1. 会員がCFスーパーロードサービスデスクに連絡(24時間365日対応)
  2. CFスーパーロードサービスデスクが日本ロードサービス株式会社に出動要請
  3. 日本ロードサービス株式会社が現場に向かい、応急修理やレッカー移動
サービスデスク連絡図


ガソリン値引きが魅力の「お油割りサービス」

「ROUTE 2000」には、ガソリン値引きが魅力の「お油割りくんサービス」があります。「お油割りくんサービス」の流れは、以下のようになっています。

【1】ROUTE 2000を利用してポイントGET!
 ↓
【2】翌月、獲得ポイントの決定
(【1】で獲得したポイント÷1万がポイントとなる)
 ↓
【3】さらにその翌月、お油割りくんレートが決まる
(当月の給油・高速道路の利用料金÷100がお油割りくんレート)
 ↓
【4】さらにその翌月、キャッシュバック金額が決まる
(【2】×【3】で金額が決まる)

例えば、【1】で30万円利用すると以下のようになります。

【1】で30万円利用
 ↓
【2】30ポイント
 ↓
【3】100レート(当月の給油・高速道路利用料金を1万円と仮定した場合)
 ↓
【4】3,000円キャッシュバック(130円/Lで76.93L給油した場合、38円引き/L)


ETCカードもあります

「ROUTE 2000」を持っている方は、以下の条件でETCカードを持つことができます。

  • 年会費:無料
  • 新規発行手数料:税別1,000円
  • 申込方法:インターネット、電話で申込書を請求して郵送で申し込む

ROUTE 2000の概要

  • 年会費:税別2,000円(家族カードは税別1,000円)
  • 申込条件:20歳以上の方
  • 国際ブランド:MasterCard
ROUTE2000




出光カード、出光ゴールドカード

「出光カード」「出光ゴールドカード」は選べる2種類のロードサービスがあります。

出光カード 出光カード
  • 年会費税別750円の「出光ロードサービス」
  • 年会費税別1,500円の「出光スーパーロードサービス」
  • ETCカードは年会費無料

年会費税別750円の「出光ロードサービス」

「出光カード」会員の方は、年会費を別途税別750円支払うと、「出光ロードサービス」に加入することができます。

本会員・家族会員それぞれが加入する必要がありますが、新規入会の方は、本会員・家族会員ともに、初年度は出光ロードサービスの年会費はかかりません。


対象車両

下記のいずれも用途は自家用で3t未満の重量が対象となってます。

【ナンバーの色が黄色の対象車両】
ナンバー 車種
軽4 軽貨物車
軽5 軽乗用車
軽8 軽特殊用途
【ナンバー色が白色の対象車両】
ナンバー 車種
1 普通貨物車
3 普通乗用車
4 小型貨物車
5 小型乗用車
7 小型乗用車
8 特殊用途

上記の表のように、多くの車両が出光ロードサービスの対象となっております。 ただし、上記に該当しない以下の車両は、出光ロードサービスの対象とはなりません。

  • 黒ナンバー・緑ナンバー(いずれも事業用車両)
  • 二輪車(自動二輪・原付のいずれも)
  • 重量3t以上の大型車・大型特殊車輌
  • 違法改造車

出光ロードサービスの利用方法

車の事故や故障などトラブルが発生したときには、以下のような流れで出光ロードサービスを利用できます。

  • 1. 出光ロードサービスデスクに電話
    出光ロードサービスデスクの電話番号は、後日郵送されるロードサービス携帯用カードに記載されています。24時間365日受け付けをしており、全国8,000か所のネットワークが自慢です。
  • 2. 現場に到着
    概ね30分をめどに作業車が現場に到着しますので、出光カードを提示してください。出光カードの提示がないと、ロードサービスは有料となります。
  • 3. スタッフが対応
    基本的には現場で対処しますが、対処できない場合には提携している修理工場にレッカー移動します。
  • 4. サービス完了
    無料サービスの超過分は、現金もしくは出光カードで支払いが可能です。

出光ロードサービスの内容

出光ロードサービスでは、以下のような作業を行ないます。

サービス名 内容
キー閉じ込み 車内にキーがあるときの開錠
バッテリー上がり ケーブルを接続してスタートさせる
スペアタイヤ交換 パンク時にスペアタイヤに交換
ガス欠 給油をする、ディーゼルのエア抜き含む
落輪引き上げ 落差1m以内で1本落輪の車の引き上げ
レッカーサービス 10kmまで
その他 ヒューズやプラグ交換、燃料油フィルタ交換など

ただし、以下のような場合は対象外あるいは別料金となります。


キー閉じ込み

特殊構造の鍵、セキュリティ装置付き車両、車両が他人名義、スペアキーをとってきた方がいいと判断した場合


バッテリー上がり

バッテリー交換や充電


スペアタイヤ交換

スペアタイヤがない、スペアタイヤの空気圧が不足、2本以上のパンク、チェーン脱着


ガス欠

10L以上の給油、ハイオク・レギュラー・軽油以外の燃料油


落輪

落差1m以上、2輪以上の落輪、クレーン使用時


年会費税別1,500円の「出光スーパーロードサービス」

「出光カード」「出光ゴールドカード」には、「出光ロードサービス」以外にも、さらにアフターフォローがついた「出光スーパーロードサービス」があります。

出光カード会員は、本会員・家族会員ともに年会費が税別1,500円かかりますが、「出光ゴールドカード」会員は、本会員・家族会員ともに年会費は一切かからず自動付帯します。


出光スーパーロードサービスの内容

出光スーパーロードサービスは、出光ロードサービスにアフターフォローサービスを付けたものです。 アフターフォローサービスの内容は、以下のようになっています。

サービス名 サービス内容
レンタカー 目的地への到着手段として1万円まで無料
帰宅費用 現場から帰宅の際、公共交通機関を2万円まで無料
宿泊 最寄の宿泊施設を15,000円まで無料

なお、これらのアフターフォローサービスは併用できません。アフターフォローサービスに関しては、会員が一度立て替えて、領収書を提出すればお金が戻ってきます。

また、以下の費用は除きます。

  • レンタカー:乗り捨て料金、燃料代、その他オプション料金
  • 宿泊費用:飲食費など

ETCカードは年会費無料

「出光カード」「出光ゴールドカード」には、ETCカードが以下の条件で付帯します。

  • 年会費:無料
  • 発行手数料:無料
  • 家族会員のETCカード発行:可能
  • クレジットカードとの同時申込:可能
  • 到着までの日数:1週間程度

出光カード、出光ゴールドカードの概要

  • 年会費
    税別1,250円(初年度無料、出光カード)
    税別1万円(出光ゴールドカード)
  • 申込条件
    18歳以上で電話連絡可能な方(出光カード)
    年齢30歳以上で年収500万円以上、勤続5年以上(出光ゴールドカード)
  • 国際ブランド
    VISA、MasterCard、JCB
出光カード




まとめ

ロードサービスを利用できるクレジットカードは、意外と多いものです。石油元売り系のクレジットカードもあれば、ロードサービス会社と提携して発行しているクレジットカードもあります。

ロードサービス一つとっても、ロードサービスを利用するのに年会費がかかったり、レッカーの牽引距離が異なったり、アフターフォローサービスの上限金額が異なったりと、相違点は多いです。

一つ一つの要素をじっくりと吟味しつつ、最適なクレジットカードを選んでください。





ロードサービスについて

「ロードサービス」とは、車の故障や事故などに対応してくれるサービスのことです。

ロードサービス会社に直接依頼するほか、自動車保険に自動付帯している場合が多く、クレジットカードの中にもロードサービスが付帯していることがあります。

キーの閉じ込めやスペアタイヤ交換、落輪の引き上げにレッカー移動、ガソリン給油にバッテリー上がりの際のジャンピングなど、様々なサービスを提供しています。 ただし、現場での作業は基本的に30分程度で、それ以上の時間を要する作業の場合には追加料金がかかるか、提携の修理工場に持って行くことが多いです。

ロードサービス会社に直接依頼をすると、全てが実費で請求されますが、カード会社や保険会社経由で依頼をすれば、基本的な作業は無料で行ってくれます。ただし、部品代や燃料代は別料金となるのが一般的です。

ロードサービスによる修理やレッカー移動以外にも、会員をアフターフォローするサービスも充実しており、レンタカー費用や宿泊費用、帰宅費用や修理車両の搬送費用なども負担してくれる場合があります。

保険会社やカード会社では、24時間365日対応してくれるコールセンターを開設しており、専門のオペレーターが受付をしてくれます。

実際に作業をするのは、保険会社やカード会社と提携しているロードサービス会社です。アフターフォローサービスを利用する際には、ひとまず会員が実費を立て替えて、後日領収書とともにカード会社や保険会社に費用請求を行ないます。

このページの先頭へ