公共料金でおすすめなクレジットカード

電気やガス、水道は現代人にとってなくてはならないものです。これらのエネルギーを供給してくれる会社に支払うお金、公共料金も、不可欠な支出です。

できれば支出を抑えたいものですが、贅沢品と違って公共料金を抑えるのは簡単ではありません。

ところが、クレジットカード払いにするだけで、利用料金分のポイントが貯まったり、利用料金の割引が受けられたりします。

今回は、公共料金の支払いにぴったりなクレジットカードを紹介します。


P-one Wiz

自動的に1%オフがうれしいリボ払い専用のクレジットカード「P-one Wiz」。

P-one Wiz
  • いつでもどこでも、自動的に1%オフ
  • ポイントも貯まる
  • リボ払い専用カードも、全額支払いで手数料支払いを回避

いつでもどこでも自動的に1%オフ

「P-one Wiz」最大の特徴は、公共料金の支払いや国民年金の保険料、ふるさと納税(クレジットカードで納税可能な自治体に限る)までも自動的に1%オフになる点です。

1か月あたりの上限金額はありませんので、50万円使ったら5,000円が割り引かれる計算です。これならば、公共料金がついついかかってしまう家庭でも、確実に1%はお得になります。

これまでのクレジットカードと比較すると

クレジットカードでお得を実感するために、数多くの節約術を試みてきた方も多いでしょう。しかし、節約術の中には手間がかかるものも多いのもまた事実です。

  • 利用条件が厳しい
  • 特定日のみ対象
  • 特別な手続き

利用条件が厳しかったり特定日しか対象にならなかったり、特別な手続きが必要だったりなど、結構面倒な割に割引を実感できるチャンスはさほど多くありませんでした。

しかも電気や水道、ガスなどの公共料金は節約術を駆使しても、なかなか節約できません。

1%off

一方、「P-one Wiz」はただ持っているだけで、請求時に1%オフになります。

キャッシュバック手続きなどの手間がかからないので、ポイントを貯めたはいいがうっかり交換手続きをし忘れてポイントが失効してしまった、なんてこともありません。100円単位で1%オフを実施してくれるので、無駄なく1%オフしてもらえます。

対象外に注意
マルショク、サンリブ、電子マネーチャージ、金券類、ポケットカードトラベルセンター、生命保険や損害保険などの各種保険料、ETCカードの利用分、キャッシングの利用分については、1%オフの対象外です。また、一部対象外の取引もあります。

ポイントも貯まる

「P-one Wiz」最大のメリットは、自動的に1%オフになる点ですが、他のP-oneカード(スタンダード)とは異なり、P-one Wizは「ポケット・ポイント」も貯まります

1,000円利用ごとに1ポイントのポケット・ポイントが貯まります。

1%自動オフの対象外のETC利用分も、1,000円利用すればポケット・ポイントが1ポイント貯まります。


入会後3ヶ月はポイント3倍

さらに、入会後3か月間に限り、ポケット・ポイントが通常の3倍貯まります。1,000円利用で合計3ポケット・ポイントが貯まります。

ポイント還元率に直すと2.5%という驚異的な数字です。


年度末はチャンス

年度末にP-one Wizに入会すれば、4月のクレジットカードによる国民年金保険料の引き落としに十分間に合います。2017年4月からは2年前納も始まる予定なので、大量のポイントをゲットできるチャンスです。


貯まったポイントはTポイントへの交換がお得

貯まったポケット・ポイントは以下のような交換が可能です。

交換商品 必要ポイント 交換後の価値
ファミリーマートお買物券 250ポイント 1,000円分
Amazonギフト券 330ポイント 1,000円分
シェフグルメカード 980ポイント 3,000円分
VJAギフトカード 1,000ポイント 3,000円分
QUOカード 1,000ポイント 3,000円分
キャッシュバック 300ポイント 900円
dポイント 300ポイント 900ポイント
WALLETポイント 300ポイント 900ポイント
Gポイント 300ポイント 900ポイント
JALマイル 300ポイント 450マイル~900マイル

魅力的な商品が数多くありますが、中でもおすすめがTポイントへの交換です。

ポケット・ポイントをTポイントに交換する際、通常は「1ポケット・ポイント=1Tポイント」の交換レートで300ポケット・ポイントから交換可能なのですが、「P-one Wiz」だけには特別な交換レートが用意されています。

「1ポケット・ポイント=5Tポイント」の交換レートで、しかも100ポケット・ポイントから交換可能なのです。

1,000円利用で1ポケット・ポイントが貯まる計算なので、10万円利用すれば500円分のTポイントがもらえる計算となります。


リボ払い専用カードでも手数料を回避

P-one Wizはリボ払い専用カードです。

リボ払いには年18%の手数料が発生しますので、手数料を支払うだけでこれまでのお得分が一気に吹っ飛んでしまいますね。

ただし、P-one Wizは初回支払い時の手数料はかかりませんので、1回で支払いを終えてしまえば手数料がかかることもなく、1%オフやポイント付与を得られるというわけです。


ポイント

P-one Wizの会員サイト「ネットカウンター」より「ずっと全額コース」を選択すれば、全額1回払いの扱いとなりリボ払い手数料はかかりません。


P-one Wizの概要

年会費 無料
申込条件 18歳以上の方(高校生の方は除く)で、ご自宅に電話連絡可能で、なおかつ安定した収入のある方、またはその配偶者
国際ブランド VISA、MasterCard、JCB
還元率 1.5%(キャッシュバック1%、ポイント最高0.5%)
付帯カード ETCカード(発行に1,000円、更新に1,000円かかる)、家族カード
付帯保険 紛失・盗難保険、ショッピング保険(50万円まで、自己負担3,000円)
上限限度額 ショッピング200万円、キャッシング150万円




楽天カード

楽天カードは「楽天の新電力(まちでんき)の支払い」で得するクレジットカードです。

楽天カード
  • 「まちでんき」の電気料金支払いでポイントが多く貯まる
  • 電話料金は「楽天でんわ」「楽天モバイル」でお得
  • それ以外の公共料金も1%の還元率

「まちでんき」の電気料金支払いでポイントが多く貯まる

「まちでんき」とは

「まちでんき」は、楽天のグループ会社である「楽天エナジー株式会社」が展開する新電力のブランド名です。

まちでんきでは、「丸紅新電力」が調達した電気を供給しています。北海道電力、東北電力、東京電力、中部電力、関西電力、中国電力、九州電力館内で電気を供給します。

まちでんきの電気料金

まちでんきの電気料金(東京電力管内)の基本料金と1kWhあたりの従量料金は、「スタンダードプラン」で以下のようになっております。

基本料金
30A 1,247.20円
40A 1,247.20円
50A 1,526円
60A 1,804.80円
従量料金
~120kWh 19.43円
121~300kWh 25.91円
301kWh~ 25.91円

ポイント

東京電力の「従量電灯B」と比べると、基本料金が高めなものの、従量料金は全ての段階で安く、特に301kWh以上の料金は4円以上まちでんきの方が安いです。



まちでんき料金の支払いは楽天カードがお得

まちでんきでは、電気使用量10kWhごとに2ポイントの楽天スーパーポイントを付与しています。

さらに、まちでんきの電気料金支払いを「楽天カード」で行うと、100円につき1ポイントの楽天スーパーポイントが貯まります。まちでんきを利用していても、楽天カード以外の支払いでは楽天スーパーポイントは貯まりません。

  • まちでんき×楽天カード払い
    ⇒ 電気使用量10kwhごとに2ポイント+支払100円につき1ポイント
  • まちでんき利用×楽天カード以外の支払
    ⇒ 電気使用量10kwhごとに2ポイント

セットでお得

まちでんきを利用するだけで、以下のような楽天の他のサービスを毎月お得に利用できます。

楽天マート 200円オフクーポン
楽天kobo 10%オフクーポン
楽天SHOWTIME 100円オフクーポン

電話料金は「楽天でんわ」「楽天モバイル」でお得

「楽天でんわ」で通話料をお得に
楽天でんわ

「楽天でんわ」は電話番号をそのままに通話料を半額にできるお得な電話アプリです。

月額基本料は無料で使った分を後で支払いますが、通話料100円につき1ポイント楽天ポイントが貯まります

初期費用 基本使用料0円
国内通話 10円/30秒(税別)
国際電話 10円/30秒(非課税)

また、楽天電話は他の通話アプリのようなインターネット回線を使用しておらず、電話回線を使用しています。インターネット回線を使った通話では、音質もあまりよくなく通話も途切れがちですが、楽天電話なら安定した通話ができます。

楽天でんわ

「楽天でんわ」のお支払はクレジットカードのみで、各種クレジットカードに対応していますが、やはりおススメは「楽天カード」です。

楽天カードで楽天でんわの通話料を支払うと、通話料100円につき2ポイントの楽天スーパーポイントが貯まるので選ばない手はありません。


「楽天モバイル」でさらに電話料金をお得に

さらに電話料金を安くしたいなら、楽天グループの「楽天モバイル」がおススメです。楽天モバイルは、格安SIMや格安スマホを販売しており、費用をお得にすることができます。

楽天モバイル最大のメリットは、「5分かけ放題」です。「5分かけ放題」とは税別850円プラスするだけで、国内通話が5分以内であれば何度でもかけ放題となるシステムです。長電話はしないけど、頻繁に電話をかける人におすすめです。

楽天モバイルのお支払は、口座繰り替えでも可能ですが、カード払い(クレジットカードやデビットカード)、しかも「楽天カード」で支払うのがおススメです。楽天カードで支払えば、利用料金の1%分の楽天スーパーポイントが貯まります


プラスなオトクポイント

貯まった楽天スーパーポイントを、1ポイント=1円で楽天モバイルの利用料金に充てることも可能です(端末などの分割払いを除く)。

さらに、楽天カードと楽天モバイルは、ポイントアップに欠かせない要素です。楽天では「スーパーポイントアッププログラム」を実施しており、楽天グループ利用によって楽天市場内でのお買い物でもっとポイントが貯まる仕組みとなってます。

楽天カードと楽天モバイルの利用で+4倍ですので、これは大きいです。

通常ポイント 1倍(100円=1ポイント)
楽天カード利用 +3倍
楽天モバイル利用 +1倍
楽天プレミアムカードまたは
楽天ゴールドカード利用
+1倍
楽天市場アプリで月1回以上買物 +1倍

他の公共料金も1%の還元率

電気や電話以外の公共料金(ガス、水道など)も、クレジットカード払いが可能であればもちろん、楽天カードで支払って1%分の楽天スーパーポイントをゲットできます。

アストモスガスのLPガス購入
LPガスの分野では全国2位の規模を誇る「アストモスエネルギー株式会社」は、楽天と提携を発表し、毎月LPガスを購入時に楽天ポイントカードを提示(現在の楽天カードにはポイントカード機能もある)すると、楽天スーパーポイントを付与予定とのことです。
年会費 無料
申込条件 18歳以上で日本在住の方
国際ブランド VISA、MasterCard、JCB
還元率 1%
付帯カード ETCカード(年会費540円)、家族カード
付帯保険 紛失・盗難保険、ショッピング保険(※1)、海外旅行傷害保険(※2)
上限限度額 ショッピング100万円

※1 100万円まで、自己負担3,000円
※2 最高2000万円





Orico Card THE POINT

Orico Card THE POINTはウェルカムキャンペーンでボーナスポイントゲットできます。

Orico_Card_THE_POINT
  • 入会後6か月間はポイント2倍
  • 獲得ポイントの使い道は様々

入会後の「ウェルカムキャンペーン」でポイントゲット!

「Orico Card THE POINT」の会員に対して、定期的に「ウェルカムキャンペーン」を実施しています。Orico Card THE POINTの新規入会からキャンペーン期間中、様々な形でボーナスポイントをゲットできるのです。


キャンペーン期間をチェック!

Orico Card THE POINTの会員登録日(カードのお届け時期)によって、キャンペーン対象期間が異なりますので、カードお届け時の台紙を見て、まずはキャンペーン期間をチェックしましょう。


キャンペーン期間中にエントリー

キャンペーン期間を確認したら、キャンペーンにエントリー。キャンペーンへのエントリーは、オリコカードのインターネット会員サービス「eオリコサービス」から行なえます。

「eオリコサービス」にログインして、「ウェルカムキャンペーン」の応募ボタンをクリックするだけでエントリーが完了します。


カード利用や登録をしてポイントゲット
1. キャンペーン期間中の利用金額に応じてポイントゲット

第一に、キャンペーン期間中にOrico Card THE POINTを使い倒しましょう。キャンペーン中の利用金額に応じて以下のようにボーナスのオリコポイントがプレゼントされます。

利用金額 ボーナスポイント
1万円以上 1,000ポイント
3万円以上 2,000ポイント
10万円以上 3,500ポイント
2. 家族カード入会で500ポイントゲット

キャンペーン中にOrico Card THE POINTの家族カードの入会をすると、500ポイントがプレゼントされます。複数の家族カードを発行しても、500ポイントしかプレゼントされませんので注意しましょう。


3. 期間中に3万円以上利用すれば更なるチャンス!

キャンペーン期間中に、Orico Card THE POINTを3万円以上利用すれば、さらなるボーナスポイントゲットのチャンスです。

条件 ボーナスポイント
「オリコポイントゲートウェイ」登録 500ポイント
携帯電話料金支払いをOrico Card THE POINTに変更 1,000ポイント
電気料金支払いをOrico Card THE POINTに変更 1,000ポイント
対象となる携帯キャリアと電力会社
携帯電話料金の対象となる携帯キャリアは、「NTTドコモ」「ソフトバンク」「au」「Y!モバイル」です。

電気料金の対象となる電力会社は、「北海道電力」「東北電力」「北陸電力」「東京電力」「中部電力」「関西電力」「中国電力」「四国電力」「九州電力」「沖縄電力」の10社です。

複数の携帯電話、複数の電力会社を登録しても、それぞれ1,000ポイントしかボーナスポイントはもらえません。なお、電力契約を代理店経由で行っていると、ポイントプレゼントの対象外となる場合があります。全てのキャンペーンを利用すれば、なんと6500ポイントもゲットできます。

入会後6か月間はポイント2倍

Orico Card THE POINTのスタートダッシュのすさまじさは、ウェルカムキャンペーンだけではありません。Orico Card THE POINTでカード利用をすると、100円につき1オリコポイントが貯まりますが、入会後6か月間ポイント付与率が2倍にアップし、100円につき1オリコポイントが貯まるのです。

ショッピングはもちろん、電話料金や電気料金、ガス代や水道料金、新聞代などの支払いでも、もちろんポイント2倍です。ただし、上限は5,000ポイントとなっていますので、注意しましょう。

貯まったポイントはいろいろな使い方ができる

Orico Card THE POINTの利用で貯まったオリコポイントには、以下のように様々な交換先が用意されています。

交換商品 最低ポイント 交換先
Amazonギフト券 500ポイント 500円分
ファミリーマートお買物券 500ポイント 500円分
LINEギフトコード 500ポイント 500円分
Tポイント 1,000ポイント 1,000ポイント
楽天スーパーポイント 1,000ポイント 1,000ポイント
WAONポイント 1,000ポイント 1,000ポイント
ANAマイル 1,000ポイント 600マイル
JALマイル 1,000ポイント 500マイル
オリコモールクーポン 1,000ポイント 2,000円分
UCギフトカード 5500ポイント 5,000円分

UCギフトカードは若干目減りしていますが、他の多くは1ポイント=1円相当の価値で交換できます。500ポイントから交換可能なので、最低必要ポイントに達しないでポイントが失効してしまう、なんてことはありません。

マイル移行も

他のクレジットカードでは、マイルに移行するときに移行手数料をとる場合もありますが、Orico Card THE POINTはマイル移行の際も移行手数料を一切とりません。

圧倒的にお得

オリコモールクーポンは、1,000オリコポイントで2,000円分のクーポンになりますので、利用するなら圧倒的にお得な交換先です。

Orico Card THE POINTの概要

年会費 無料
申込条件 原則として年齢18歳以上の方 (高校生は除く)
国際ブランド VISA、MasterCard、JCB
還元率 1%
付帯カード ETCカード、家族カード(いずれも年会費無料)
付帯保険 紛失・盗難保険
上限限度額 ショッピング300万円




夢なびVISAカード

夢なびVISAカードは、電気料金・ガス料金支払いでポイントが2倍になります。

夢なびVISAカード
  • 電気料金・ガス料金の支払いでポイント2倍
  • プチ贅沢でもポイントが多く貯まる

電気料金・ガス料金の支払いでポイント2倍

公共料金は毎月必ず出るお金ですので、支払う公共料金をクレジットカード払いにすれば、クレジットカードのポイントを安定的に貯めることができます。しかし、せっかくなら公共料金の支払いで通常よりポイントが多く貯まった方がうれしいですよね。

「夢なびVISAカード」は1,000円利用ごとに「ワールドプレゼント」が1ポイント貯まります。1ポイントは5円相当の価値がありますので、ポイント還元率は0.5%ですね。

電気料金・ガス料金の支払いでポイント2倍

電気料金・ガス料金を夢なびVISAカード払いするだけでワールドプレゼントが通常の2倍、1000円利用ごとに2ポイント貯まるのです。

年間12万円の電気料金・ガス料金を夢なびVISAカードで支払うと、240ポイント(1,440円相当)貯まる計算ですね。ポイント2倍の対象となるガス会社と電力会社は以下のようになっています。

ポイント2倍の対象となるガス会社
大阪ガス 広島ガス 北海道ガス 四国ガス いちたかガスワン 西部ガス 東彩ガス 九州ガス 東京ガス 筑紫ガス 京葉ガス 東邦ガス 大多喜ガス
ポイント2倍の対象となる電力会社
東京電力 東北電力 北陸電力 中部電力 関西電力 中国電力 四国電力 九州電力 沖縄電力

家賃の支払いでもポイントが多く貯まる

「夢なびVISAカード」を発行しているのは、「ピタットハウス」でおなじみのスターツです。

賃貸住宅も多く手掛けているスターツでは、家賃をカード払いできる物件も数多くあります。「夢なびVISAカード」の「家賃deポイント」のページから、対象物件一覧を見ることができます。

毎月9万円の家賃を2年間、「夢なびVISAカード」で支払うと、約14,000円相当の夢なびポイントが貯まります(ワールドプレゼント1ポイント→夢なびポイント6ポイントに移行して、1ポイント=1円と換算した場合)

「夢なびVISAカード」は、年間の利用金額に応じて以下のようにボーナスポイントが付与されます。

50万円利用時 100万円利用時
50ポイント
100ポイント

もちろん、家賃の支払いも年間の利用金額に含まれますので、家賃も合わせて支払えればボーナスポイントも夢ではありません。


夢なびVISAカードの概要

年会費 税別1,250円(初年度無料、1回以上の利用で翌年度も無料)
申込条件 原則として年齢18歳以上で電話連絡可能な方(高校生は除く)
国際ブランド VISA
還元率 0.5%
付帯カード ETCカード、家族カード
付帯保険 紛失・盗難保険
上限限度額 ショッピング80万円


まとめ

公共料金は毎月比較的多くの金額が出ていくのにもかかわらず、クレジットカード払いにしていない人も少なくありません。

公共料金の支払いをカード払いにするだけで、多くのポイントを受けられ、中には利用料金の割引を受けられるカードもあるのです。自分に合ったカードを選んで、公共料金でもしっかり「得」しましょう。













クレジットカードだけじゃない!公共料金をお得にする方法

今回は、クレジットカードで公共料金をお得にする方法を紹介していますが、それ以外にも公共料金をお得にする方法はいくつかあります。

口座振替にする

電力会社やガス会社の中には、口座振替にすると利用料金から割り引くサービスを実施しているところもあります。

例えば東京電力では、口座振替にすると電気料金が毎月税別54円安くなるのです。

口座振替にさえしておけば、特別な手続きは必要なく、誰でも割引を利用できます。口座振替の場合、振替日を指定するサービスを実施しているところもありますので、かなり利便性は高いです。


会社やプランを見直す

2016年4月には電力の小売りが自由化されて、多くの新電力が電力の小売り事業に参入しました。

そして2017年4月からは、ガスの自由化も始まります。単独でお得なプランを打ち出す会社もあれば、セット割でお得な会社もあります。

省エネを心がける

  • コンセントを抜いて待機電力を抑える
  • 家電製品を掃除する
  • ガスで調理する前に調理器具の水滴を拭いておく
  • ガスの炎を調理器具からはみ出させない

上記などの方法で電気やガス、水道の省エネを心がけることで公共料金はもっとお得にできます

このページの先頭へ