高速道路利用者におすすめのクレジットカード

年末年始やGW、お盆などに帰省や行楽で高速道路を利用する方、毎日の仕事で高速道路を利用する方、結構お金がかかっていますよね。同じ高い高速料金を支払うならば、少しでもその分を取り返したいものです。

そこで今回は、高速道路利用者におすすめなクレジットカードを何枚か紹介します。キャッシュバックやポイントアップ、割引など魅力的なカードがたくさんあるので参考にしてみてください。



イオン首都高カード(WAON一体型)

首都高速をよく使う方におすすめ!料金割引が魅力的な「イオン首都高カード(WAON一体型)」。

イオン首都高カード(WAON一体型)
  • 首都高での利用がお得!
  • ETCカードも無料発行
  • カーライフにうれしいポイント・特典も

首都高での利用がお得

毎週日曜日は20%オフ

毎週日曜日、イオン首都高カード(waon一体型)に付帯するetcカードを使って首都高速道路を利用すると、請求時に首都高料金が20%オフとなります。首都高速道路の料金は、車種別に以下のようになっております。

車種区分 料金
軽・二輪
270円~1,070円
普通車
300円~1,300円
中型車
310円~1,380円
大型車
390円~2,040円
特大車
460円~2,600円

この料金がさらに20%オフになるのですから、魅力的ですね。


首都高パーキングエリアでのお買い物でときめきポイントが5倍!

首都高に設置されているパーキングエリア内の売店やレストランで、イオン首都高カード(WAON一体型)を使って決済をすると、ときめきポイントが通常の5倍貯まります。

対象となるのは、大黒・平和島(上)・川口・加平・市川の各パーキングエリアですが、一部対象外となる店舗があります。ときめきポイントは、通常200円利用で1ポイント貯まりますが、首都高パーキングエリアでのお買物ならば、200円の買い物で5ポイント貯まるのです。

ちなみに、大黒パーキングエリアには、主に以下のようなお店が出店しています。

店名 営業時間
軽食 24時間営業
e-MART 24時間営業
2Fレストラン 11時~21時(平日)、11時~21時半(土日祝日)
吉野家 11時~21時(平日)、11時~21時半(土日祝日)
カフェ・ド・クリエ 10時~18時
ブルーシールアイスクリーム 10時~18時
ベイサイドテラス二番館売店 8時~19時(平日)、8時~20時(土日祝日)

ETCカードも無料発行

高速道路を便利にするカードと言えばETCカードですが、イオン首都高カード(WAON一体型)のETCカードは、以下のような概要となっており大変に充実しています。

  • 年会費:無料
  • 発行手数料:無料
  • 申込:不要(自動付帯)
  • 家族会員によるETCカードの発行:3枚まで自動付帯で可能

カーライフにうれしいポイント・特典も


ETCゲート車両損傷お見舞い金制度

ETCのゲートを通過する際には、十分に減速をした上で通過することが重要です。

しかし、ETCゲートに何らかの不具合があったなどの理由でETCゲートが開かないと、開閉バーに激突して車が傷ついてしまうこともあります。

イオン首都高カード(WAON一体型)を持っている方が、ETCゲートの開閉バーに衝突して車両を損傷させた場合、年1回、一律5万円のお見舞い金が支払われます。なお、利用条件や注意事項があります。


タイムズポイントが貯まる

イオン首都高カード(WAON一体型)は、コインパーキングの「パーク24株式会社」と提携しています。首都高沿線の駐車場の満車・空車情報を提供してくれます。

「タイムズ」ブランドのコインパーキング利用の際に、イオン首都高カード(WAON一体型)で駐車料金を支払うと、タイムズポイントが貯まります。


カーライフ関連の各種優待も充実

イオン首都高カード(WAON一体型)を持っていると、駐車場やフェリー、JAFなどカーライフ関連の施設で優待を受けられます。


イオン首都高カード(WAON一体型)の概要

  • 年会費:無料
  • 国際ブランド:VISA、MasterCard、JCB
  • 申込条件:高校生を除く18歳以上で電話連絡可能な方
イオン首都高カード(WAON一体型)




JCBドライバーズプラスカード

高速道路利用だけでなく、キャッシュバックが魅力的な「JCBドライバーズプラスカード」。

JCBドライバーズプラスカード
  • 最大6,000円のキャッシュバック
  • 無料で発行できるETCカード

キャッシュバックの流れ

最大6,000円のキャッシュバックの流れは以下の通りです。


1. JCBドライバーズプラスカードを使う

7月16日~8月15日の期間にカードを使うとします。この期間に、以下のような利用をしたと仮定しましょう。

内容 金額
ガソリンスタンドでの給油 5,000円
航空券の購入 25,000円
有料道路を利用 5,000円
ガソリンスタンドでの買い物 5,000円
スーパーやコンビニでの買い物 6万円
ホテルに泊まる 3万円
合計 135,000円

2. キャッシュバック率決定

8月15日以降、8月31日までに、1.でのJCBドライバーズプラスカード利用金額合計に応じて、キャッシュバック率が以下のように決定します。

月間利用金額 キャッシュバック率
3万円未満
なし
3~5万円未満
2.50%
5~7.5万円未満
5%
7.5~10万円未満
7.50%
10~15万円未満
10%
15~20万円未満
15%
20~25万円未満
20%
25~30万円未満
25%
30万円以上
30%

3. ガソリンスタンド・高速道路でカードを使う

2.でキャッシュバックが決定したら、9月1日~9月30日までの間、ガソリンスタンドや高速道路でJCBドライバーズプラスカードを使いましょう。

ガソリンスタンドと高速道路での利用がキャッシュバックの対象となります。 この期間中、以下のような利用をしたとしましょう。

内容 金額
ガソリンスタンドでの給油
6,000円
航空券の購入
25,000円
有料道路を利用
4,000円
ガソリンスタンドでの買い物
5,000円
スーパーやコンビニでの買い物
6万円
ホテルに泊まる
3万円
キャッシュバック対象合計金額
15,000円

ガソリンスタンド・高速道路だけがキャッシュバックの対象ですので、対象金額は合計15,000円となります。


4. キャッシュバックされる

3.から3か月後の12月10日(JCBドライバーズプラスカードの振替日)に、2.で決定したキャッシュバック率と3.の対象金額を乗じた金額が引き落とし口座にキャッシュバックされます。

この場合は、「10%×15,000円=1,500円」となります。


キャッシュバックの注意点


1.について
  • カード年会費、各種手数料、遅延損害金、JCBチケットセンターの送料、電子マネー(楽天Edy・SMART ICOCA・nanaco・モバイルSuicaなど)のチャージ、募金は対象外
  • 2回払いや分割払いは、1回目の支払い月にまとめてキャッシュバックの対象となる
  • リボ払いやボーナス1回払いは、利用月分のみキャッシュバックの対象となる

2.について
  • 月間3万円以上の利用がないとキャッシュバックされない

3.について
  • JCBドライバーズプラスカードに付帯するETCカード利用分も対象
  • ガソリンスタンド併設のコンビニエンスストア利用分はキャッシュバック対象外
  • 上限は税込2万円まで
  • 3.の期間中にガソリンスタンドや高速道路の利用がないとキャッシュバックされない
  • サービスエリア・パーキングエリアでの利用は対象外
  • 海外のガソリンスタンドや高速道路の利用は対象外

4.について
  • キャッシュバック金額は最高6,000円(2万円×30%)
  • キャッシュバック月に振替がない場合やキャッシュバック月の振替額以上にキャッシュバック金額がある場合は、引き落とし口座にキャッシュバック金額が振り込まれる

キャッシュバックのメリット


1.どこのガソリンスタンドでも構わない

ガソリンスタンドであれば、ENEOSでも昭和シェルでも、出光でもモービルでも会社は問いません。

他のクレジットカードのキャッシュバックでは、ガソリンスタンドが指定されている場合が多いので、これはありがたいですね。


2.給油じゃなくても対象となる

ガソリンスタンドで給油をせずに、洗車をしたりタイヤを購入したり、オイル交換やバッテリー交換をしたりでも、JCBドライバーズプラスカードにおけるキャッシュバックの対象となります。

他のクレジットカードのキャッシュバックは、ガソリンもしくは軽油の給油のみと言うことも多いので、これも嬉しいです。


無料で発行できるETCカード

JCBドライバーズプラスカードは、以下の条件でETCカードを発行できます。

  • 年会費:無料
  • 発行手数料:無料
  • ETCカードのタイプ:分離型、一体型から選択可能
  • 家族カードによるETCカード発行:年会費、発行手数料とも無料で可能

JCBドライバーズプラスカードのETCカード利用分も、キャッシュバックの対象となりますので、ガンガン使いたいですね。カードタイプを選べるのも大きな特徴です。忘れっぽい方は分離型に、カードをあまり持ちたくない方は一体型にするといいでしょう。


JCBドライバーズプラスカードの概要

  • 年会費:税別1,250円(初年度年会費無料)
  • 国際ブランド:JCB
  • 申込条件:18歳以上で本人または配偶者に安定継続収入のある方、または高校生以外の18歳以上で学生の方
JCBドライバーズプラスカード




ニコスE-NEXCO pass

ニコスE-NEXCOpass
  • 高速道路の利用でポイントがザクザク貯まる
  • 貯まったポイントで高速道路ライフがより充実
  • ロードサービスなどの安心が自動付帯

高速道路の利用でポイントがザクザク貯まる


ETCでの利用がお得

ニコスE-NEXCO passを利用すると、200円利用ごとにE-NEXCOポイントが1ポイント貯まります。 さらに、ETCカードを使ってETCを利用すると、E-NEXCOポイントが通常の2倍多く貯まります。

ニコスE-NEXCO passでETCカードを作成(発行手数料、年会費とも無料、家族会員も同様)して、ETCマイレージサービスに登録すると、ETCマイレージポイントも貯まります。

例えば、1万円分の高速道路を利用すれば、E-NEXCOポイント100ポイントに加えて、ETCマイレージポイントが1000ポイント貯まり、ダブルでお得なのです。


高速道路のお買物でもポイントが多く貯まる

また、NEXCO東日本エリア内のサービスエリア・パーキングエリア及びドラぷらショッピングでのお買い物でニコスE-NEXCO passを利用しても、ポイントが通常の2倍多く貯まります。

ドラぷらショッピングでは、スイーツや果物、肉や魚、お米や麺類、お酒やソフトドリンク、はちみつなどの飲食類はもちろんのこと、雑貨やカー用品まで揃っているショッピングサイトです。


カーライフ関連のサービス利用でもボーナスポイントが貯まる

カーライフ関連の以下のサービスを利用しても、E-NEXCOポイントのボーナスポイントが貯まります。

サービス名 条件 ポイント
インスウェブ 自動車保険一括見積 500ポイント
楽天トラベル レンタカー予約 150ポイント
オリックス自動車 リース料支払い ポイント2倍

ETC車を対象とした「ドラ割」

ドラ割とは、ETC搭載車を対象とした割引商品です。ドラ割を利用すると、E-NEXCOポイントが貯まり、以下のような商品と交換できます。

サービス名 サービス内容
冬の南東北遊湯フリーパス 南東北3県定額で乗り放題
関越・上信越ウィンターパス 1往復分の通行料金がお得
信州めぐりフリーパス 3日間定額で乗り放題
新潟・北信濃・会津フリーパス 2日間定額で乗り放題

年間30万円以上の利用でポイント20%上乗せ

ニコスE-NEXCO passを年間30万円以上利用すると、年間に獲得したニコスE-NEXCO passの20%相当を、ボーナスポイントとして上乗せします。


貯まったポイントで高速道路ライフがより充実

ニコスE-NEXCO passで貯まったE-NEXCOポイントは、1ポイント=1円相当で以下のような使い道があります。
  • 全国のETC高速料金の支払い(1000ポイントより500ポイント単位で)
  • NEXCO東日本エリアのサービスエリア・パーキングエリアでのお買い物
  • ドラぷらショッピングでのお買い物

ニコスE-NEXCO passのETCカードで貯めたETCマイレージポイントは、5000ポイント=5000円分として使えますので、①と合わせればより高速料金をお得にすることができます。


ロードサービスなどの安心が自動付帯

ニコスE-NEXCO passには、カーライフの万が一をサポートしてくれる安心が自動付帯しています。


ロードサービス

ドライブ中に事故や故障の被害に遭ったら、NICOSのロードネットサポートセンターに電話をしましょう。24時間365日対応してくれます。提供するサービスも、以下のように充実しています。

  • バッテリー上がりのジャンピング
  • スペアタイヤへの交換
  • 開錠
  • ボルト締め付け
  • サイドブレーキ固着解除
  • ガソリンの補充
  • 各種オイル漏れの点検や補充
  • 各種バルブやヒューズの取替
  • 冷却水補充
  • レッカーサービス(10kmまで)

ETCゲート車両お見舞金制度

カード会員が運転する車でETCカード使用中にETCゲートの開閉バーにぶつかって車両が損傷した際に、1万円のお見舞い金が支払われます。


ニコスE-NEXCO passの概要

  • 年会費:税別1750円(初年度無料)
  • 国際ブランド:VISA、MasterCard
  • 申込条件:18歳以上8高校生を除く)で電話連絡が可能な方
ニコスE-NEXCOpass




イオン E-NEXCO pass(WAON一体型)

高速道路も日常のお買物でも活躍する「イオン E-NEXCO pass(WAON一体型)」もおすすめです。

イオン E-NEXCO pass(WAON一体型)
  • サービスエリア・パーキングエリアでのお買い物でポイント2倍
  • ETCカードが自動付帯
  • 割引サービスもある

サービスエリア・パーキングエリアでのお買い物でポイント2倍

「イオン E-NEXCO pass(WAON一体型)」は、通常、200円利用につき1ポイントのときめきポイントが貯まります。

イオン E-NEXCO pass(WAON一体型)を使って、NEXCO東日本エリアのサービスエリア・パーキングエリアでお買い物をすると200円利用につき2ポイントのときめきポイントが貯まります。


貯まったポイントで高速道路料金もお得に

イオン E-NEXCO pass(WAON一体型)で貯まったポイントは、様々な商品と交換可能です。

  • イオン商品券:1000ポイント=1000円分(500ポイント単位、交換手数料250ポイント)
  • JCBギフトカード:1000ポイント=1000円分(1000ポイント単位、交換手数料250ポイント)

以上の特典は他のイオンカードでもありますが、イオン E-NEXCO pass(WAON一体型)ならではの交換特典が、E-NEXCOポイントへの交換です。ときめきポイント1000ポイントを、E-NEXCOポイント1200ポイントに交換できます。

交換手数料も一切かかりませんし、他の特典よりも交換先のポイント数がアップしているのが魅力ですね。

E-NEXCOポイントは、全国の高速道路料金への還元や、NEXCO東日本エリアのサービスエリア・パーキングエリアでのお買い物(ガソリンスタンドや一部店舗では利用できません)で、1ポイント=1円として利用できます。


ETCカードが自動付帯

イオン E-NEXCO pass(WAON一体型)を持っていると、ETCカードが年会費、発行手数料無料で自動付帯してきます。ニコス E-NEXCO passは申し込まないとETCカードを発行してもらえないのを考えると、手間が減りますね。


割引サービスもある

イオン E-NEXCO pass(WAON一体型)を提示するだけで、以下のカーライフ関連施設で割引や優待を受けられます。

サービス名 サービス内容
タイムズカーレンタル 全車種20%オフ
ニッポンレンタカー 基本料金5%オフ
オリックスレンタカー 基本料金15%~50%オフ
オートバックス(まるがめ店他) 20日、30日、火曜日5%オフ
八日市屋石油(小松SS他) 会員価格より2円/L引き
有限会社あおぞら代行 運転代行料金10%オフ
オートモービレッジ 車検・板金塗装工賃5%オフ

イオンカードならではの割引、ポイントアップがてんこ盛り

イオンカードならではの割引やポイントアップも、イオン E-NEXCO pass(WAON一体型)でもちろん受けられます。

サービス名 サービス内容
20日・30日の「お客さま感謝デー」 5%オフ
5日・15日・25日の「お客さまわくわくデー」 WAON利用でWAONポイント2倍
10日の「ありが10デー」 WAON利用でWAONポイント5倍
クレジット利用でときめきポイント2倍
55歳以上15日の「G.G感謝デー」 5%オフ
10日の「ときめきWポイントデー」 ときめきポイント2倍

ときめきポイントを多く貯められれば、E-NEXCOポイントへ交換できるポイント数も増えますね。


イオン E-NEXCO pass(WAON一体型)の概要

  • 年会費:無料
  • 国際ブランド:VISA、JCB
  • 申込条件:高校生を除く18歳以上で電話連絡が可能な方
イオン E-NEXCO pass(WAON一体型)




まとめ

高速道路利用者にとって魅力的なクレジットカードを紹介してきました。首都高をよく利用する方であれば、首都高に強い「イオン首都高カード(WAON一体型)」がおすすめです。

首都高以外の高速道路や有料道路も利用するという方は、NEXCO東日本エリアで強い「ニコス E-NEXCO pass」がいいでしょう。カードをよく利用して高速道路も乗る方は、キャッシュバックが魅力的な「JCBドライバーズプラスカード」です。

維持費を抑えつつ様々なお得がほしい方は、高速道路に、日々のお買い物にお得がいっぱいの「イオン E-NEXCO pass(WAON一体型)」がいいですね。

このように、高速道路とどれくらい関わっているかによってお得なカードは異なってきますので、よく比較検討して申し込みましょう。







高速道路マメ知識

休憩施設の種類

「サービスエリア」と「パーキングエリア」と2種類ある休憩施設にはどのような違いがあるのでしょうか。

「サービスエリア」(SA)は約50km~60kmごとに設置されている休憩施設で、ガソリンスタンドやレストラン、トイレや売店、休憩スペースなどが設置されています。

「パーキングエリア」(PA)は約15km~20kmごとに設置されている休憩施設で、トイレは設置されているものの、ガソリンスタンドやレストラン、売店や休憩スペースはないところもあります。

一般的に、規模の大きなものをサービスエリア、若干規模の小さいものをパーキングエリアといいます。


「インターチェンジ」と「ジャンクション」の違いは?

「インターチェンジ」(IC)は、一般道路から高速道路へ入る、高速道路から一般道路へ出る施設のことを言います。出入口には料金所が設けられています。

埼玉県川口市にある「川口中央IC」は、外回りは入口のみ、内回りは出口のみあるICです。 それに対して「ジャンクション」(JCT)は、複数の高速道路をつなぐ場所のことを言います。 「川口JCT」は、東北自動車道、首都高速道路川口線、そして東京外環自動車道をつなぐ場所です。


一般道から行けるサービスエリアがあるの?

サービスエリアやパーキングエリアと言うと、高速道路に乗らないと行けないと思っていませんか?

実は、一般道からアクセス可能なサービスエリアやパーキングエリアがあるんです。 東北自動車道では矢板北PA(上下)が徒歩で、羽生PA(上り)、大谷PA(上下)などは一般道からのアクセスも可能です。


高速道路にあるバス停ってどうやって行くの?

高速道路上(サービスエリアやパーキングエリア内)にバス停があるのを時折見かけますが、一般道から階段がありまして、歩いて高速道路のバス停までアクセスします。

高速道路を走るバスならどんなバスでも利用していいわけではなく、あらかじめ届出をした「路線バス」のみです。

長距離の高速バスの場合は、あらかじめチケットを購入しなければならない場合が多いですが、近距離の高速バスであれば普通の路線バスと同様に車内精算となります。

このページの先頭へ