ENEOS(エネオス)でガソリンを入れる方におすすめなクレジットカード

国内最大のサービスステーションを誇るのが「ENEOS」です。街中はもちろん、高速道路のサービスエリアなどにも多くあるので、お世話になっている人も多いでしょう。

しかし、どうせお世話になるのならばよりお得になりたいですよね。ガソリンでお得と言えば現金給油と思っている人も多いですが、クレジットカードで給油しても結構お得です。

そこで今回は、ENEOS利用者におすすめなクレジットカードを何枚か紹介しましょう。 


ENEOSカード C

「ENEOSカード C」はガソリン最大7円/L引きが魅力のクレジットカードです。

ENEOSカードC
  • ガソリン最大7円/L引きも
  • 会員価格の中で最安値の場合も
  • ロードサービスやETCカードも無料

ガソリン最大7円/L引きも

3種類あるENEOSカードの中でも、「ENEOSカード C」はキャッシュバック金額が最も多いタイプのカードです。 以下のように、毎月のカード利用金額に応じて、ガソリンの値引き単価が決定されます(灯油は1円/L引き)。

1か月間のカード利用金額 請求時ガソリン・軽油値引き単価
7万円以上
7円/L引き
5万円~7万円未満
5円/L引き
2万円~5万円未満
4円/L引き
1万円~2万円未満
2円/L引き
1万円未満
1円/L引き

値引き単価が案内されたら、ENEOSのガソリンスタンドでガソリンや軽油を給油すれば、請求時に値引き単価分のキャッシュバックが受けられます。カード利用からキャッシュバックまでの流れは、以下のようになっています。

1か月目 カード利用
2か月目 値引き単価の案内
3か月目 ガソリン・軽油利用
4か月目 キャッシュバック

1か月目のカード利用に関しては、本人のクレジットカード利用だけではなく、QUICPayやETCカード、そして家族カードの利用分も含まれますので、合算すればより多くのキャッシュバックが可能です。また、入会当月と翌月のガソリン・軽油利用金額については2円/L引きとなります。


会員価格の中で最安値の場合も

ENEOSのガソリンスタンドで給油をすると、提示するカードによって以下のような店頭会員割引や特典を受けられます。

カード名 割引などの特典
ENEOSカード C 最大4円/L引き
ENEOSカード S 最大4円/L引き
ENEOSカード P 最大4円/L引き
Tポイントカード 200円で1ポイント獲得
楽天カード 100円で2ポイント獲得
JALカード 200円で2マイル獲得
Dカード 100円で2ポイント獲得

以上を見て分かるように、「ENEOSカード C」をはじめとするENEOSカードは、店頭でガソリン割引率が非常に大きいです。

ロードサービスやETCカードも無料

「ENEOSカード C」を持っていると、無料のロードサービスに加入できます。30分以内の軽作業(パンクタイヤの交換、ガス欠車への給油など)やレッカー移動(10キロまで)を無料で行ってくれます。

また、「ENEOSカード C」を持っていると、年会費無料でETCカードに加入できます。家族会員も無料でETCカードを発行可能で、ETCカード利用分もENEOSカード Cのキャッシュバックにおける値引き単価を決めるための「利用金額」に含まれます。

申込条件

20歳以上で継続した安定的な収入がある方

ENEOSカードC




ENEOSカード S

「ENEOSカード S」はスタンダードタイプ。値引きもポイントもほしい方向けのクレジットカードです。

ENEOSカードS
  • ガソリン・軽油は2円/L引き、灯油は1円/L引き
  • ENEOSでんきの支払いをENEOSカードで行うと、さらに1円/L引き
  • 年1回でも使えば年会費無料ながら、ETCカードもつく

ガソリンの値引きだけじゃない

「ENEOSカード S」をENEOSのSS(サービスステーション)で利用すると、ガソリンと軽油は2円/L引き、灯油は1円/L引きのサービスを受けられます。

種類 値引き
ガソリン、軽油
2円/L引き
灯油
1円/L引き
ポイント付与

ENEOSカード Sは燃料油の値引きだけではなく、ポイントも付与もあります。一般加盟店ならば1,000円利用ごとに6ポイントが付与されますが、ENEOSのSSでのカーメンテナンス商品の購入をすれば、1,000円利用ごとに20ポイントが付与されるのです。カーメンテナンス商品には、以下のようなものがあります。

  • VICTORY FORCE SUPER PREMIUM II(バッテリー)
  • ENEOS エコフォースシリーズ(エンジン添加剤)
  • SUSTINA(エンジンオイル)
  • 洗車関連メニュー(機械洗車、セルフ洗車、泡ムートン手洗い洗車、手がけワックス、】水あか取りワックス、コーティング)
  • 点検整備(オイル、ATF、バッテリー、ラジエーター液、ワイパーの交換など)

貯まったポイントは、各種ギフトカードなどに交換できますが、ENEOSのSSで1,000ポイント=1,000円の交換レート(1,000ポイント単位で利用できます)で、燃料油の支払いやカーメンテナンス商品の支払いに充てられます。

給油だけでなくカーメンテナンスでもENEOSを利用していれば、値引きだけではなくポイントも貯まり、キャッシュバックも受けられるのです。

もっとお得にするには?

ENEOSブランドの親会社であるJXホールディングスでは、電力小売りのブランドとして「ENEOSでんき」を立ち上げ、2016年4月から電力の小売りを開始しています。

月の電力使用量が多い家庭ほどお得になる料金体系となっていますが、さらにお得なのがENEOSカード割引です。

ENEOSでんきの電気料金の支払いをENEOSカード各種で行うと、各種カードで実施されている特典に加えて、ガソリン、灯油、軽油代が1円/L引きとなります。

○○すれば年会費無料で...

ENEOSカードには「S」「P」「C」の3種類のクレジットカードがありますが、この中で唯一「S」のみが、クレジットカードの年会費を無料にできます。

年1回でもENEOSカード Sを利用(※)すれば、翌年度の年会費は無料となります(通常は税別1,250円)。他の2枚は初年度のみ年会費が無料で、翌年度以降は税別1,250円の年会費が発生します。 ※ETC、QUICPayでの利用も含める

年会費を無料にできるにもかかわらず、ENEOSカード Sには以下のような条件でETCカードがついています。

  • ETCカード年会費:無料
  • クレジットカード一体型の発行:可能
  • 家族会員によるETCカード発行:可能(年会費も無料)

申込条件

20歳以上で本人に継続安定収入のある方

ENEOSカードS




ENEOSカード P

「ENEOSカード P」はポイントタイプ。ポイントを貯めたい人いおすすめのクレジットカードです。

ENEOSカードP
  • ENEOS利用でポイントがザクザク貯まり、ガソリン代に還元も
  • 充実のロードサービス
  • レンタカーの優待特典もある

ENEOS利用でポイント3%分付与、ガソリン代に還元も

「ENEOSカード P」は、ENEOSカードの中で最もポイントを多く貯められるクレジットカードです。「ENEOSカード C」はキャッシュバックのみでポイントが貯まりません。「ENEOSカード S」はガソリン2円/L引きにポイント付与ですが、ポイント付与に関しては「ENEOSカード P」と以下のような違いがあります。

カードの種類 一般加盟店での利用 ENEOSでの利用
ENEOSカード P 1000円 → 6ポイント 1000円 → 30ポイント
ENEOSカード S 1000円 → 6ポイント 1000円 → 20ポイント

ENEOSを利用した際には、「ENEOSカード S」のポイント付与率が2%なのに対して、「ENEOSカード P」のポイント付与率は3%となります。貯まったポイントは、1000ポイント=1000円の交換レートで、ENEOSのサービスステーションでのガソリン代にも充てられます。

「ENEOSカード P」には年会費が税別1250円かかります(ENEOSカード Sは年1回利用で無料になる)。年会費やガソリン値引き、ポイント還元などを総合的に判断すると、年間給油額が約11万円を超えるような人は、「ENEOSカード S」よりも「ENEOSカード P」の方がお得になるのです。

充実のロードサービス

「ENEOSカード P」を持っていれば、以下のような充実のロードサービスを無料で受けることができます。レッカーサービス以外は、30分以内であれば料金はかかりません

  • 10キロまでのレッカーサービス
  • キーとじ込みの開錠
  • バッテリー上がり
  • タイヤパンク時の交換
  • 楽輪時の引き上げ
  • ガス欠の際の給油

レンタカーの優待特典もある

「ENEOSカード P」を持っていれば、オリックスレンタカーでレンタカー料金を10%割引で借りられます。オリックスレンタカーは全国約800ヵ所のネットワークを誇りますので、多くの場所で利用できるでしょう。

レンタカーを使って高速道路を利用することもあるでしょうが、「ENEOSカード P」にはもちろんETCカードが以下の条件で付いてきます。

  • 年会費無料
  • 家族会員も無料で発行可能
  • ETCカード利用分もポイント付与の対象
  • クレジットカード一体型も発行可能(ENEOSカード Pの年会費はかかる)

申込条件

20歳以上の方で、安定した継続収入のある方

ENEOSカードP




楽天カード

楽天カードはENEOS(エネオス)SSで通常より多くのポイントがもらえるのでおすすめです。

楽天カード
  • ENEOSで使うと通常の2倍ポイントが貯まる
  • 楽天カードはカーライフをトータルにサポート
  • ETCカードもあります

ENEOSで使うと通常の2倍ポイントが貯まる

ENEOSは実は、「楽天ポイント」の加盟店です。ENEOSと言うと「Tポイント」の加盟店でもありますが、楽天ポイントの加盟店であることはあまり知られていません。

通常、楽天カードを利用すると100円につき楽天ポイントが1ポイント付与されますが、ENEOSで楽天カードを利用すると、それに加えて加盟店ポイントが100円につき1ポイント付与されます。つまり、楽天カードをENEOSで利用すると100円につき2ポイント貯められるのです。

さらに、ENEOSのサービスステーションによって扱いは異なりますが、楽天カードで決済をすると会員価格で給油できるところもありますので、店頭の価格表をチェックしましょう。ちなみに、Tポイントカードを提示して楽天カードで決済をしようとしても、Tポイントは貯まりませんので注意しましょう。

楽天カードはカーライフをトータルにサポート

ENEOSで給油をするだけでなく、楽天カードはカーライフをトータルにサポートしてくれます。

ENEOSグループのDr.Drive

ENEOSチェーン店のDr.Driveでは車検やメンテナンスを実施しており、楽天カードで決済をすると100円につき2ポイントが貯まります

さらに、楽天の車検検索サイト「楽天車検」からDr.Driveで車検の無料見積もりをして車検を実施すると、500ポイントがもらえるのです。

楽天トラベルのレンタカー

楽天トラベルからレンタカー予約をすると、利用車両によって利用代金の1%~10%のポイントが貯まります

その他にもポイントがお得にたまる...

チェーン店以外にも、楽天カード決済でポイントがお得にたまるお店がたくさんあります。

業種 店名 特典
エース免許センター東京営業所 自動車教習所 ポイント3倍
サンパーキング羽田浮島店 駐車場 ポイント2倍
タイヤランド大田 タイヤ ポイント3倍
レンタルバイク大田店 バイクレンタル ポイント2倍
川田自動車 修理・板金 ポイント3倍

ETCカードもあります

楽天カードにはETCカードもあります。

  • 年会費:税別500円
  • ポイント:通行料金100円につき1ポイント
  • 楽天カードとの同時申込:可能
  • 家族カードでの申し込み:不可
  • ETCカードの発行期間:楽天カード発行の1週間後

通常、楽天カードのETCカードには年会費が税別500円かかりますが、楽天PointClubの会員ランクが「ダイヤモンド」「プラチナ」の方は、1年間年会費が無料となります。

申込条件

18歳以上で日本在住の方

楽天カード




まとめ

いかがでしょうか?ENEOSを利用するなら、まずはENEOSカードをチェックしたいものです。

ENEOSのヘビーユーザーでキャッシュバックを重視するなら「ENEOSカード C」、ENEOSをそこそこ利用するがキャッシュバックもポイントもほしい方は「ENEOSカード S」がいいでしょう。

また、「楽天カード」も意外と狙い目で、ENEOS以外でもお得にポイントを貯めたいなら、還元率1%の楽天カードがいいでしょう。





ENEOSとは?

「ENEOS」とは、サービスステーションなどのブランド名で、燃料油事業の一翼を担っています。2010年に「JOMO」ブランドを吸収し、新生「ENEOS」として歩みを始めました。

ENEOSのサービスステーションの店舗数は、北海道から沖縄まで約11000ヵ所で、もちろん日本最大のネットワークを誇っています。ちなみに、出光は約3600ヵ所、モービル(ゼネラル・エッソも含む)は約3400ヵ所、昭和シェル石油は約3300ヵ所となっており、ENEOSの圧倒的な店舗数をうかがい知れます。(2016年12月現在)

JXエネルギー株式会社の傘下のブランドであり、JXエネルギー株式会社はJXホールディングスと言う持ち株会社の傘下となっています。JXエネルギーは国内最大手、世界でも第8位という巨大企業です。

このページの先頭へ