ゴールドカード取得ガイド:取得への道

ゴールドカードと言えば、ステータスの象徴でも、ちょっとしたコツを知っていればあなたもゴールドカードを取得できるかも・・・

ゴールドカードホルダーになるには?

ゴールドカードといえば、誰もが憧れるステイタス、高額な年会費、厳しい審査基準のクレジットカードです。

一生のうちに一度は、キラリと光るゴールドカードを持ちたい!レストランの支払いで使ってみたい!彼女と飲みに行ったときに「えっ!?」と思わせたい!などと思っておられる方も多いでしょう。

昔は申し込みもできず、ひたすらクレジットカード会社からのインビテーション(招待状)を待つしかなく、日々悶々と過ごされた方も多いと思います。

今では、ネット申し込みも可能になりましたが、もちろん審査基準が変わるわけでもなく、想像を超える高い審査基準のために、いくら申し込んでも発行してもらえない!という方も多いと思います。

このページでは、ゴールドカードを本気で取得したい!という方向けに、実際にアメックスプラチナカードホルダーである、管理人の私がゴールドカード取得の体験をもとにゴールドカード取得のための方法をお伝えしたいと思います。


何のためにゴールドカードを持ちたいか?

まず何のためにゴールドカードを持ちたいのか、をはっきり認識しないといけません。

  • 最高級のステイタスを狙う
    将来的にプラチナカード、ブラックカードなどのプレミアムカードまで狙いたい!
  • ゴールドカードを審査基準で選ぶ
    ゴールドカードを恋人や知人に見せびらかしたいとりあえず、ゴールドカードだったら何でもいい!
  • サービス重視
    ゴールドカード付帯の想像を絶するサービスを堪能したい!

ゴールドカードホルダーになりたい目的は人それぞれですが、例えば上に挙げた3つでも、すでに取得するゴールドカードは変わってきます。

それでは、上記の基準をもとに、ゴールドカードへのためにそれぞれオススメのゴールドカードや、カード利用指針をお伝えしたいと思います。

最高級のステータスを狙う方の場合

あなたがもし、プラチナカードやブラックカードを狙うのであれば、当たり前ですが、それらのプレミアムカードが発行されている会社のゴールドカードをまず取得しなければいけません。

なぜならば、ほとんどのプラチナカードはインビテーションと言われるクレジットカード会社からの招待状でしかアップグレードできないからです。

そして、インビテーションがくる基準も、保有しているゴールドカードの利用実績(クレジットヒストリー、以下クレヒス)を鑑みて決められます。ちなみに私の場合は以下のようなステップをたどっています。

  • アメリカン・エキスプレス・カード(ノーマルカード:グリーン)
  • アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(インビテーション)
  • アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード(インビテーション)

グリーンをあまり使用しておらず、取得後6年程度は特に何もありませんでした。しかし取得後7年後くらいから月5万円前後使うようになったら、翌年ゴールドカードのインビテーションが届きました。

その後個人事業主として独立したこともあり、それらの経費関連もすべてゴールドカードで決済をしていると、大体月20~30万円前後くらいの利用になりました。それから1~2年後くらいにプラチナカードのインビテーションが届きました。

巷では月50万円以上の利用が必要との噂もありますが、私の経験上では、年間200万円以上の利用実績があれば、そのうちプラチナカードのインビテーションがくるような気がします。

また巷では海外での利用が重要、などまことしやかに囁かれていますが、私の経験上では、海外利用はあまり必要ない気がします。ゴールドカードから、プラチナカードのインビテーションを受け取るまでに海外渡航はゼロ、ネットショップなどの海外利用はありましたが、月数万円いくかどうか程度でした。

上記はあくまで一例ですが、アメックスの場合は、利用実績がカードのアップグレードに大きく影響する気がします。もちろん医師や弁護士など、社会的ステータスのある職業の方は、利用実績とは無関係にアップグレードされる可能性も高いですが・・・。

ですので、まずあなたがアメックスでゴールドカード、センチュリオンカード(ブラックカード)を目指すのであれば、まずはグリーンカードかゴールドカードを取得して、クレヒスを積むのが良いでしょう。

まずは、ゴールドカードに申し込んで、駄目だった場合にグリーンカードの方に申し込んでみましょう。

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードはこちら
アメリカン・エキスプレス・カード(グリーン)はこちら

どちらのクレジットカードでも、発行されたら、できるだけ支払いはそのカードに一本化します。クレヒスを積み重ねることによって、次のアップグレードを狙います。

ちなみに多分関係ないと思いますが、参考までに。私の個人的なポリシーで、アメックスの引き落としで、ユニセフ子ども基金に毎月2千円寄付しています。かれこれ10年以上は継続しています。

もしかしたらこういうことも少しはプラスになっているかもしれません。


ゴールドカード

一般的にゴールドカードと言われるものは以下のようなカードに絞られます。

  • アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
  • ダイナースクラブカード(※)
  • 三井住友VISAゴールドカード
  • JCBゴールドカード
  • SuMi TRUST CLUB ゴールドカード
  • UCゴールドカード

※ダイナースクラブカードは券面はゴールドではありませんが、ゴールド水準以上のクレジットカードですので、併記しています。

アメリカン・エキスプレスは先ほど触れたので、それ以外のゴールドカードを目指す場合ですが、やはり基本は同じで、まずゴールドカードに申し込み、ダメだったら再度ノーマルカードに申し込む、ノーマルカードが発行されたらそのカードをメインカードにして、支払いを一本化する、という流れが一番です。

ダイナースクラブカード

ノーマルカードはないので、直にダイナースクラブカードに申し込みましょう。
ダイナースクラブカード
(ダイナースクラブ独自の審査)

三井住友VISAゴールドカード

三井住友VISAゴールドカード
(原則として、満30歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方)

20代の方なら、20代向けの安価な年会費&ゴールドカード並みのサービス付帯のプライム(ヤングゴールドカード)もおすすめです。

三井住友VISAプライムゴールドカード
(満20歳以上30歳未満で、ご本人に安定継続収入のある方。満30歳で自動的にゴールドカードに!)

駄目だった場合、あまり自信がない場合は、以下のノーマルカードに申し込みましょう。

三井住友VISAカード
(満18歳以上の方。高校生不可)

JCBゴールドカード

JCBゴールドカード
(原則として20歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方。学生不可)

20代の方なら、20代向けの安価な年会費&ゴールドカード並みの サービス付帯のJCBゴールドエクステージ(ヤングゴールドカード)もおすすめです。

JCB GOLD EXTAGE(JCBゴールドエクステージ)
(満20歳以上29歳以下で本人に安定・継続収入のある方。学生不可入会から5年後の更新時期に自動的にゴールドカードに!)

駄目だった場合、あまり自信がない場合は、以下のノーマルカードに 申し込みましょう。

JCB一般カード
(18歳以上で本人または配偶者に安定継続収入のある方。高校生不可)

SuMi TRUST CLUB ゴールドカード

SuMi TRUST CLUB ゴールドカード
(25歳以上 年収400万円以上)

20代の方なら、20代向けの安価な年会費&ゴールドカード並みのサービス付帯のSuMi TRUST CLUB エリートカード(ヤングゴールドカード)もおすすめです。

SuMi TRUST CLUB エリートカード
(22歳以上 年収200万円以上)


ヤングゴールドカードとは?

上でも少し紹介していますが、ヤングゴールドカードとは、20代の方向けのゴールドカードです。若いVIP候補向けですので、年会費も低めの設定、審査基準も普通のゴールドカードと比べると緩和されています。

しかし付帯サービスなどは、ゴールドカードに近いものも多く、非常にお得なゴールドカードといえます。付帯サービスなどで比較すると、以下のヤングゴールドカードがおすすめです。

JCB GOLD EXTAGE(JCBゴールドエクステージ)
(満20歳以上29歳以下で本人に安定・継続収入のある方。学生不可。入会から5年後の更新時期に自動的にゴールドカードに!)

三井住友VISAプライムゴールドカード
(満20歳以上30歳未満で、ご本人に安定継続収入のある方。満30歳で自動的にゴールドカードに!)

審査から選ぶヤングゴールドカード

審査基準から選ぶと、以下のヤングゴールドカードがオススメです。

どうしてもゴールドカードを取得したい!
ゴールドカードなら何でも良い!

という方には、最適のゴールドカードと言えます。

MUFGカード ゴールド
満18歳から申込可能! 年会費も最安値水準の1,905円(税別))

オリコカード ザ ポイント プレミアム ゴールド
(原則として年齢20歳以上 安定した収入がある方。ゴールドカードですが、お得系クレジットカードでもある。年会費最安値水準1,950円!









このページの先頭へ